メルボルンのコストコのオージービーフはお買い得

【メルボルンのコストコはスーパーや市場と比べると安め】

世界のスーパーを調査するのも我々の大事な業務なのですが、その一環で世界のコストコに足を運んでいます。今回はメルボルンのコストコに向かってみました。物価が高い印象を受けるメルボルン。そんな中でもコストコの値段は安定した安さを誇ります。

 

「日本で見かける定番品が多数」

世界共通で見かけるコストコのPB商品に加え、お酒やパンなどは日本で目にするものと同様のモノに出会うことが出来ます。

「ビーフはオージー!フードもオーストラリアならではのもの!」

食品の輸出入には非常に厳しいルールがあるオーストラリア。そういった要因もあることから食品もオーストラリアならではのものを目にします。AUSTRALIA WAGYU BEEFのニューヨークステーキで1キロ63オーストラリアドル(5578円:2017年10月のレート)

販売しているもののスケールが大きいですね。

サッポロビールは47オーストラリアドル(4161円、2017年10月のレート)、1缶173円なので感覚的には思ったより安い気がしました。

試食販売も日本では中々見かけないようなものも。こちらはカレーです。

油の大きさもすごいですね。20リットルで39オーストラリアドル(3453円)

仕事の一環でどうしても手に入れたかった「パン粉」こちらはキッコーマンブランド

「ミートパイにターキーチーズサンドイッチ!店内のフードもオーストラリアならでは!」

これは珍しいオーストラリアならではのフード。
ミートパイにターキーチーズサンドイッチ。
ターキーチーズサンドイッチ1つでも相当のボリューム。

 


これは複数人で分け合いたいですね。

「アクセスしやすい場所にあるコストコ」

コストコと言えば郊外にある店舗のイメージですがここメルボルンではトラムの無料区間内ですし、自転車でも近くまで来ることが可能なので、お時間がある方は是非足を運んでみてください。

[wpgmza id=”10″]

「日本で作ったカードで入れます。ただしアメックスは使用不可」

日本で作った会員カードを持っていれば世界共通で入れるのはコストコの凄いところ。日本では提携カードもしくはアメックスのみカードが利用可能ですが、メルボルンではアメックスは使用不可。VISAカードが使えました。