【自分で出来るフレンチスタイルの取り入れ方

本日より “フレンチスタイルの取り入れ方“をテーマに掲載をスタートします。
私は東京・目黒インテリアストリートにてM’amour(マムール)という店舗を営んでいます。
アイテムは毎日の生活が愛しく、豊かな気持ちになるようなフレンチスタイルのテーブルウエアと雑貨、アンティーク&ブロカントなどをフランスを中心としたヨーロッパ各地で自ら買い付けています。

そんなフランスを中心としたヨーロッパ各地の商品を扱っている視点から「自分で出来るフレンチスタイルの取り入れ方」を連載していきます。

【フレンチスタイルはどんなイメージですか?】

フレンチスタイルと一言で言っても皆様の持つイメージは千差万別です。
ですが、それが正しいことなのです。日本に置き換えてみても和式・日本スタイルと言えば人それぞれ思い描くものは違うと思います。
ですので、自分が思う「思い思いのフレンチスタイルを具現化すること」それがまさにフレンチスタイルなのです。

【マムールの考えるフレンチスタイルとは?】


マムールの考えるフレンチスタイルは
「パリでバリバリ働く方が週末田舎で過ごすスタイル」です。
言ってみればパリの感性とフランスの田舎の感性をミックスさせた、そんな様式といったところではないでしょうか?

日本では「新築は住んだ翌日から中古」という考え方があり、価値が目減りする考え方がありますが、フランスをはじめ欧米では住居を始め、年代が高ければ高いほど価値が高まります。
なんでも古ければ良いわけではなく、「良いアイテムの年代物」の価値が非常に高いのです。
「良いアイテムの年代物」は希少性が高く、日常使いには少しハードルが高いことから、フランスではこうしたアイテムの組み合わせをオシャレに具現化する、そんなスタイルを楽しむ「パリの女性の週末の田舎暮らし」、それがマムールの世界観です。

【アンティークアンティークし過ぎない組み合わせ】

アンティークは1点物が多いことから、アンティークアイテムで食卓のすべてのお料理を提供することはハードルが高いものです。
そこで「アンティークなアイテムを引き立てるような商品」と組み合わせるスタイルをマムールでは提唱しています。
マムールのお店にある商品はアンティークの1点ものも多数ありますが、そればかりではありません。日常使い出来るアイテムも多く扱っており、日本全国の催事に出店する際にはこうした「日常使い出来るアイテム」が大変人気です。

「アンティークアイテムを引き立てるつなぎ商品を用いる」

私は「日常使い出来るアイテム」をアンティークアイテムを引き立てる「つなぎ商品」と考えております。
この「つなぎ商品」が実はスタイルをコーディネートする上で大変重要なのです。

例えばこのグラス、こちらはLa Rochere (ラ・ロシェール)のヴェルサイユ ワイングラスでお値段は¥1、100(税別)。こちらはアンティークでなく、新品です。
このグラス単体で写真を取るときれいなグラス、と一言で終わるかもしれません。しかしながら、世界観のマッチした食器やアンティークと組み合わせ見ると一気に世界観が変わりませんか?


このグラスを無機質な空間で写真を取ると少し違和感を感じますよね?
その商品をどう使うか?で大きく変わるのです。

【フレンチスタイルの磨き方】

「つなぎ商品」の使い方含め、商品の組み合わせなどスタイリング力の磨き方は良いスタイリングを目にすることが近道です。
今は数多くのフランスをはじめとした素晴らしいスタイリングの雑誌が簡単に手に入るようになりました。
是非こうした雑誌や洋書に目を通してスタイリングの目利き力を高めてください。
(書籍はフランスではもちろん、日本の書店でも目にする機会が増えていますので色々と見る機会は以前より確実に増えています。)

【講座の紹介】
一般社団法人ジャパンフードクリエイティブ協会では、定期的に講座を開催しています。
食品メーカーのご担当者様や、外食産業の広報担当などの受講者様も多く、仕事の上ですぐに活用できるとの声を多数頂き、嬉しい限りです。
一日集中で、かなりの知識と実践を詰め込みますが、ご興味のある方は本サイトに適宜情報を発信しますのでご確認・お申込みくださいませ。

【講師の紹介】
一般社団法人ジャパンフードクリエイティブ協会
フレンチスタイリングスペシャリスト  名津井 麻真 (なつい まみ)
東京・目黒インテリア通りにあるフランス雑貨&アンテイークを扱うショップ「M’amour(マムール)」のオーナー。
アパレルメーカー海外事業部勤務後、フランスのインテリアブランドの立ち上げ、フレンチスタイルカフェのオーナー業に従事。
5年前にマムールをオープンしてからは年数回フランスへの買付け、フランス商品の輸入販売などと同時に百貨店催事などにも出品。ラグジュアリーホテルやフレンチレストランへの卸売・スタイリングをはじめ、雑誌のスタイリスト、フードコーディネーターへのスタイリング支援、アパレルブランド、デザイン雑誌へのスタイリングなど多岐に渡ってフレンチスタイリングを提供している。
≪M’amour(マムール)とは≫
M’amour (マムール)はフランスの古語で ” 私の可愛い人 ” という意味です。
可愛い人、可愛いものでいっぱいにしたい 、” amour =愛 ”  のあるお店にしたいという意味を込めて名づけました。