アメリカでの利用はソフトバンクのアメリカ放題が画期的

【アメリカではソフトバンクをそのまま使う】(2017年10月現在)

アメリカ出張時のネットワークは私は国内で契約をしているソフトバンクの携帯をそのまま使っており、現地でsimを購入したことはありません。
サイトを確認すると下記のような説明があります。

「iphone ipadでアメリカでも通話とネットがし放題」と

サイトからの引用になりますが

「アメリカ放題」は、ソフトバンクの対応機種をご利用のお客さまが、アメリカ本土やハワイなどに滞在時、スプリントのネットワークでの通話やモバイルデータ通信、メールがし放題のオプションサービスです。現在キャンペーン中につき無料でご利用いただけます。

  • スプリントネットワーク以外でのご利用は世界対応ケータイの通話料/通信料がかかります。

とあります。実際に使ってみましたが、
・料金は日本の契約内容以上のものは発生しなかった
・デザリングも対応

上記2点から私が海外で使う条件を満たしていて、非常に快適な利用が可能でした。キャンペーンが終了すると月額980円とのことですが、使い放題でこの追加金額は安いですね。
スマ放題「データ定額 5GB」以上にご加入のお客さまは、キャンペーン終了後もサービス利用料無料でご利用いただけます。ともあります。

ただし注意点もあります。
1.使える都市(エリア)が決まっている(ただし地図掲載の都市以上に使えるところはある)
サイトに地図が掲載されており、大都市の名前が載っていて一見するとその都市以外は利用が出来ないのかな?と思いきや、州から検索すると意外と使えるところが多いことが分かります。

2.スプリント以外のネットワークに接続してしまった場合は課金される
この点は「データローミング」をオフにすることで回避可能です。詳細はWEBに掲載されています。

スプリントを買収したソフトバンクだからこそ実現可能な本サービス、日本の電話番号がそのまま使え、デザリングも可能でかつ料金がキャンペーン期間中は無料というのは素晴らしいですね。
携帯電話のプランは変更が適宜生じるものではあるので、オフィシャルサイトで事前確認を行ってから訪米をお勧めします。